Bont Vaypor-S 出品中です

強豪ホビーレーサー御用達のビンディングシューズ・Bont Vaypor-S を本日より出品中です。 カラーはブラックベースにホワイトのアクセントライン入り。 サイズはEUサイズ44、USサイズ9.5、27.5cmです。 私はスぺシャなら44、LAKE43.5、SIDI44.5か45、SHIMANO43か43.5くらいですが、BontのVaypor-Sは44でドンピシャでした。足の形で履き心地は変わるとは思いますが、このVayporsはインナーソールもシャーシーも熱成型可能なので、オンリーワンのカスタムシューズを手に入れる事が出来ます。 重さは片側255g(実測値)ありました。(カタログ値230g) 剛性感は半端なく、ペダリングパワーを余すことなく使う事が出来そうです。 期間限定での出品になりますので、狙ってた人はお早めにどうぞ! 海外通販では関税と消費税、通関料がかかりますよ(3000円)。 なので、有名通販サイトよりも格安です!しかも即日発送可能です!

GOKISOハブの誘惑

10月31日のブログでGOKISOクライマーハブの記事を書きました。その後、私の持ってるカーボンチューブラーホイールのDRAGON35にこのハブが付くのか?販売店に確認したところ、付くそうです。CX-RAYのブラックスポークで組む場合、約3万円ほどの工賃がかかるそうなので、総額でいうと、クライマーハブでは無い、ベーシックモデルで約26万ほどかかります。微妙な金額ですね。30万以下でGOKISOハブ付きの超軽量カーボンホイールに変身出来ます。興味の無い人にはアホか?!と言われる部分ですが、ロードバイクにはまっている人にはわかってもらえるかと思います(笑) という訳で、只今GOKISOに誘惑されっぱなしです。

TREK Verve+

TREKからe-bikeのVerve+が発売されました。 e-bikeと言えば、ベネリの電動アシストMTBの性能が圧倒的で、気にはなっていたのですが、 このTREKのVerve+はそのベネリのTAGETE27.5によく似た構成になっています。 Verve+の特徴は、300Wを誇るバッテリーで160kmを走破出来るパワーと持続力を兼ね備え、そのうえ充電時間も4時間という短さです。対してベネリはベースとなるMTB自体の性能を確保した上で電動アシストをプラスするという考え方のようで、コンポーネントも10速のDEOREが奢られています。電動アシストの性能は250Wのバッテリーで100kmの走行距離、7時間の充電時間となっています。 ベネリにはもう1つ上のグレードが発売される予定だったのですが、モーターユニットが、期待するスペックに至ら無かった為、残念ながら導入が見送られたようです。 気になるブライスは、TREK Verve+が¥213,000(税別)、ベネリTAGETE27.5が198,000(税別)です。 この電動アシスト自転車ならロードバイクにも余裕でついていけると思います。特に坂道では立場が逆転すると思われます。160kmならビワイチやアワイチにも使えるし、今まで行きたくても一緒に行けなかったパートナーの方とのロングライドも可能になり楽しみが広がるのでは無いでしょうか?

あさひ×okamoto ウインターソックス-I

サイクルベースあさひより、特殊発熱繊維を使用した、ウィンターソックスが発売中です。 税込み1280円(送料別750円) レッグウェアメーカーの岡本とのコラボ商品で、あさひの独占販売となるようです。 この特殊発熱繊維は、繊維の中でも、優れた発熱量と吸湿性があり、放湿もハイスピードで行ってくれるという事で、自転車用にピッタリです。 素材は、レーヨン33%、ウール27%、ポリエステル16%、ナイロン11%、合成繊維(アクリレート系)9%、ポリウレタン4% 対応温度は0度(静止時) 素材以外でも、つま先に縫い目のない縫製や、土踏まずの適度なアーチサポートで疲労を軽減するなど、造りにもこだわりがみられます。 冬のライドでつま先が凍えて間隔が無くなった経験は無いですか? 私は結構これに悩まされています。シューズカバーでも解決できなかったので、靴下用カイロを入れたりしていましたが、このソックスとシューズカバーの組み合わせなら大丈夫なのかも?!

メンバーズ登録始めました。

トップページの会員登録から登録をお願いします。 メンバーズになられますと、メンバーズ限定のニュースレターやクーポンの配布を行います。今回のクーポンは、BLACK FRIDAYセールに使えるクーポンを登録されたメールアドレス宛に送らせていただきます。 【クーポンのご使用方法】 ご希望の商品をカートに入れた後、クーポンを使用する➝クーポンコードを記入で割引が適用されます。 今後もメンバーズ限定特典クーポンを中心に、先行入荷情報など優先的にお知らせします。 お気軽にご登録ください。 この機会に是非、メンバーズ登録をお願いします。

BLACK FRIDAY

11月23日(木)0:00~11月26日(日)終日まで BLACK FRIDAYセールを開催します。 現在shopページにBLACK FRIDAYのスライドを追加しています。 (まだ通常価格のままになっています) 11月23日0:00より新価格を発表します! 商品は逐次変更する場合があります。 お見逃しなく!

Bont サイクリングシューズ

前回は、LAKEのサイクリングシューズの紹介でしたが、今回はBontのサイクリングシューズの紹介です。Bontの設立は1975年。アマチュアスケーターであるインゼ・ボントが、自分の革製スケート靴の裏にファイバーグラスをつけて、サポート性の向上を図ったのが始まりとの事。その後サイクリングシューズの世界に参入してきたと訳ですが、プロはもとより、本気度の高いホビーレーサーの方々の定番的なシューズになってきています。その秘密は何なのか? 主力モデルのVaypor S(ヴェイパー・エス)をメインに、今履いているS-Works6との比較で 考察していきます。S-Works6はカモ柄のサガンモデルで、買ったときは売り切れ寸前だった為慌てて買ってしまったので、フィッティングは後回しになってしまってました。 今から思うとワイドサイズにしておけば良かったと思っています。と言うのは、つま先が狭くまたシェルも非常に硬いので100km以上になると足先がしびれてくるのです。 そのうちに感覚が無くなってきて、ペダリングに悪影響が出てるように思います。 BONTは前足部の形状に解剖学的設計を採用したAnatomical Forefoot Shapeを備え、中足骨の関節を広げ、ペダリングのパワーがかかる表面積を増大しているそうです。まさに今欲しい性能かもしれません。また、横アーチ・縦アーチのサポート機能を搭載し、膝や腰の痛みにつながるオーバープロネーションを低減させているとの事。私もスペシャライズドのボディフィットジオメトリーで土踏まずのアーチをサポートするインナーソールを入れていましたが、そこは固定されてよか

LAKE CX301 超軽量シューズ

昨日、京都宝ヶ池で開催された、サイクルフェスタに行ってきました。 お目当ては、今年の富士ヒルで優勝者が履いていた超軽量シューズのLAKE CX301の試着です。42サイズで160gという軽さを誇り、履いていないかのようなフィーリングだという謳い文句は果たしてどうなのか?試してきました。事前のサイズチェック(足形をペンでなぞって、長さと幅からサイズを算出します)によると42.5mmのワイドが私のサイズでしたが、実際に履いてみると明らかに小さく、指がシューズの中でお辞儀しています。結局43.5mmのレギュラーが正しいサイズでした。やはりシューズのサイズ選びは難しい。さて、サイズの合ったCX301は確かに軽かったが、どこかしかフィット感が薄い感じがしていたら、販売元のキルシュベルクのたぶん社長?らしき方が、実はCX301はLAKEの中でも軽量に特化した特殊モデルなので、履き心地は二の次になっていて、本来のLAKEのシューズの良さは本革のCX332やCX402なのですよと説明してくれました。これらも履かせていただきましたが、やはりフィット感は全然上で、軽さよりもこういうフィット感や踏みやすさの方が大事なようにも感じてきて、CX301一択だったのが少し分からなくなってきました。他の選択肢と言えば、強豪ホビーレーサーの間では、BONTのシューズが人気があるようです。 こちらは軽さと剛性のバランスを重視しているようで、剛性対重量比という考え方で作られています。ただ軽いだけとか、固いだけでは無いという事なのでしょう。 でも、こういうしがらみの無いエキップメント選びが出来るのが、ホビーレーサーの

SRAM PC RED22 パワーチェーン

3大コンポーネントブランド中、最軽量のコンポーネントがSRAMです。 トップグレード同士で比べると・・・ SRAM RED・e-Tap 総重量1914g・機械式RED1736g SHIMANO DURA ACE・Di2 総重量1895g・機械式1950g Campagnolo Super Record EPS 総重量1851g 機械式1843g 重量だけで見ると電動式ならカンパ、機械式ならSRAMという事になりますが、 g単位の軽量化を図るヒルクライマーにとっては多少変速性能が落ちようが、最軽量にこだわりがあるのではないでしょうか? とにかくクライマー御用達のコンポーネントになっているSRAM REDですがその中でも消耗品となるのがチェーンです。現在出品中の、このPC RED22 パワーチェーンは重量が246gです。SHIMANOのCNHG901が247g、Campagnoloは212g チェーンだけで比べると最軽量ではありませんが、RED用チェーンとして開発されていて、HPによると、シフティングを改善し、より静かに走行させるために、より重く面取りされた外側プレートを備えています。 他の進歩としては、新しいインナープレート仕上げとクロム硬化ピン構造があり、チェーン寿命も長くなります。 SRAMの11スピードチェーンのHollowPin™構造は、強度を犠牲にすることなくスムーズで正確なシフトと重量削減を実現します。との事です。 SRAMロード11速対応 SRAM RED eTap対応 HollowPin™テクノロジーは、強度、信じられないほどのシフト効率、軽量 PowerL

オープンチューブラータイヤ

管理人が別ドメインで投稿しているロードバイク系ブログの "乗っCIAO!ロードバイク"で世界最速タイヤの検証を行った時に、最も転がり抵抗が少なかったタイヤがチューブラーでは無くて、オープンチューブラーというタイヤでした。 オープンチューブラーとは、簡単に言うとチューブラーと同じ製法で作られたタイヤで、筒状に縫われているか、両耳にビードが埋め込まれているかの違いだけという事です。つまり、 ラテックス・チューブと組み合わればの乗り心地や性能はチューブラータイヤになりうるという事です。良いことづくめのようなオープンチューブラータイヤですが、クリンチャーと比べて円形に成型されていないので、非常に嵌めづらく、チューブも挿入しにくい点がデメリットとして挙げられます。この点は実際に検証してみたいと思います。 今回取り寄せる予定のタイヤはVELOFLEXのオープンチューブラータイヤのMASTERです。 サイドが飴色になっていて、いかにもプロ仕様的な外観になります。 結果は、ブログで報告予定です。こうご期待。

カーボンリム用ブレーキシュー

カーボンリム用ブレーキシューとして現在SWISSSTOPのイエローキングとブラックプリンスを出品中です。どう違うのか?SWISSSTOPはホイールメーカーの保証や推奨を重視しておりますとの事ですが・・・? イエローキングもブラックプリンスも材質的にはゴム系のシューで固い部類に入ります。 つまりリムへの攻撃性も高い方の部類に入りますが、ウェット性能とか効き具合や耐摩耗性はゴム系が優れます イエローキングは出たころはアルミ、カーボン兼用との事でしたが、今はカーボンリム用としか謳っていません。ホイールをアルミ、カーボンと変更してもシューを変えなくて済むのはまあ楽と言えば楽ですが…。 代理店のフタバさんのHPにはイエローキングは初期制動に優れ、TT向け。ブラックプリンスはアップダウンのあるコースで細かなブレーキコントロールが求められるシチュエーション向けと書かれています。 個人的にはダウンヒルのブレーキングは初期制動に優れ、握りこんでいった奥でもコントロールしやすいのが好みですが、(そんなのがあればですが(笑)) ブラックプリンスは初期が効かなくて、あわてて握りこむと急に制動が立ち上がり扱いにくいと感じる場面もあります。 ホイール指定のレイノルズは初期はよく効くのですが、鳴きまくるので微妙なトーイン調整が必要です。あとシューがぶ厚いのでホイール交換時には6800アルテグラのブレーキに干渉してしまいます。イエローキングはまだ試していませんが、形状からするとレイノルズよりの性能かも知れません。 シューとリムの相性は使ってみなければわからない部分もあり難しいです。 シューの性能とは別にリム側

京都サンガFC最終戦

昨日は、京都市西京極総合運動公園陸上競技場で行われた、京都サンガFC vs 東京ヴェルディとの試合を見に行ってきました。 サッカーの試合を生で見るのは初めてでしたが、新鮮で面白かったです。 地元密着型で小さなお子様も多く、ほのぼの感も良かったです。 京都サンガのメインスポンサーの京セラ様からのチケットでしたので、弁当やらドリンク券やら付いていて、調子に乗ってビールを3杯ほど飲んでいたら前半の終わりはほとんど寝てしまっていました。ごめんなさい。 さて、後半が始まる頃には日が陰ってきて、風も冷たくなってきました。 酔いも醒めて余計に寒くなってきて、SPORTFULのウインドブレーカーを着込みましたがそれでも寒い。自転車の時はこのウインドブレーカーはすごく暖かく感じたのに、じっとしてる分にはあまり暖かくないのに気づきました。やっぱり運動用なんだと改めて思いました。 基本的に寒いのは苦手なので、冬のライドは気後れしてしまいます。 裏起毛のジャケットやタイツが欲しいけど、蒸れるのは嫌だし、実際どうなんでしょうかね?

クライマー用最速タイヤ・チューブセット

楽得マーケットで紹介済みですが、改めてクライマー用最速タイヤ・チューブセットの紹介です。乗鞍3年連藏制覇、山の神森本さんやツール・ド・おきなわ2連覇中の高岡さん履いていたのは、コンチネンタルGPスーパーソニックでした。 そしてチューブは、ミシュランのラテックスチューブを組み合わせていました。 GOKISOの社員である森本さんのアッセンブルはGOKISOの思想とも合致していて、 重量よりも転がり抵抗の低減が、ヒルクライムには重要だという事です。 実際、GOKISOのホイールはほとんどクリンチャー(カーボン)で、チューブラーは50mmハイトのリムしか用意されていません。チューブラー派としては解せない部分ですが、これからはカーボンクリンチャーの時代なのでしょうか? このコンチネンタルGPスーパーソニックは2017年のマイナーチェンジモデルらしくて、公称重量150gに対して183gありました。少し太くなってトレッドパターンにヤスリ目が入りました。今までのとんがった性格からやや優等生的な性格を与えられたようです。

R8050系ULTEGRA Di2

待望のR8050系ULTEGRA Di2が始まりました。基本的には機械式のR8000に準拠したものですが、6800系に比べて小型化が進んだようです。ディスクブレーキ対応モデルは8070系になります。今のところ、Di2にはあまり食指が動かないのですが、電動コンポの選択肢が高価なDURA一択から増えたのはうれしいところです。(SHIMANOとして) しかし、とりあえずブレーキあたりから8000系に替えていくつもりです。 R8050は、今後のインプレッションを待ちましょう。

コンチネンタル GPスーパーソニックタイヤ

昨日、コンチネンタル GPスーパーソニックタイヤがドイツより到着しました。ご存知の方も多いと思いますが、ヒルクライマー御用達の超軽量のタイヤです。 軽量化の為、耐パンクベルトも省かれた決戦仕様です。 前回紹介した、これまたクライマー御用達のGOKISOもこのスーパーソニックタイヤと、ラテックスチューブの組み合わせを推奨しているようです。 あいにく、ラテックスチューブのほうは現在Vittoriaの25-28C用しか手元にないので、ミシュランの22-23C用ラテックスチューブを注文しています。 これからシーズンオフに入りますが、年内最後のKOM獲得アタック用とか、来年の試合用に いかがでしょうか?もちろん注文無ければ、私が使いますけどね?

冬のライドに必要なライト(続き)

ライト編の続きです。 昨日淡路島一周、いわゆるアワイチを敢行致しまして、その時の実体験から続編を書きます。 7時半に岩屋を出発して、海岸通りからショートカットで福良まで行き、ここまでそこそこいいペースで来たので、予定外の”道の駅うずしお”まで足を延ばしたのがケチのつきはじめでした。そこから天気が急変し、空は真っ暗、風は渦を巻き、雨は痛いほど顔面をたたきつけました。サンセットラインから見る海は白波が立ち、道路にも波しぶきが降り注ぐ荒れようでした17時30分ごろの日の入りと思っていたら、17時過ぎにはあたりは暗くなり、ライト無しでは危険な状態になりました。あたりに民家も無く、みるみる真っ暗になっていきます。 私のライトはノグの電池式ライトで光量が足りず、チームメイトの一人のVOLT400だけが頼りでした。このVOLT400非常に明るくて、点滅モードでも全然見えます。 明るさだけではなく広がりもあり、後続からの視認性も良かったです。なので、私の中では 断然VOLT400の評価が上がったところです。ちなみにアワイチラストスパートでタイムアタックしている方々のライトはほとんど見えなくてスピードが上がれば視認性も落ちるのかなとは思いましたけど…。

冬のライドに必要なライト

冬場は日照時間が短く、12月の淡路島洲本では6時45分過ぎくらいに日の出を迎え、16時50分ごろには日が沈みます。 例えばアワイチでは、7時スタートして17時までには帰ってこなければなりません。 8時スタートだと、到着までに日が暮れてしまう可能性があります。 まぁこの程度だとそんなに強力なライトは要らないでしょうけれど・・・。 400ルーメンもあれば十分だと思います。道路交通法施行細則では夜間10m先の交通上の障害物を認識できなければならないと決められている都道府県が多いようです。 400ルーメンあれば基準はクリアできますね。但し、速度を上げると当然視認性はおちてくるので、この明るさだとロードバイクでも30km/h未満での走行が望ましいと思います。 CATEYEのVOLT400とLEZYNEのMICRO DRIVE 500XLを一応候補としてあげました。 性能的には400ルーメンで3時間持続するバッテリーを持つVOLT400に軍配があがりますが、 最大光量では500ルーメンでツインLEDのMICRO DRIVE 500XLが勝ります。 バッテリーはUSB充電出来るので、モバイルバッテリーを繋いで使えばバッテリー容量のハンディも無くなるので、今のところMICRO DRIVE 500XLが一歩リードかもしれません。 補足ですが、夜間練習で平坦路を周回したりする場合、速度が相当高いので400ルーメンでは到底足らないと思います。路面のギャップや小動物?の突然の出現にも対応できるよう、1000ルーメンを超える上級モデルがお勧めです。

BR-R8000 アルテグラ・デュアルピボット・ブレーキキャリパー

今年の6月に発売されたNewアルテグラは、ディスクブレーキへの対応、ワイドレシオ、ワイドリム化への対応等が主な仕様変更ですが、細かく見ればシマノらしく着実にアップデートしているようです。それでいて価格がほぼ同じというのもシマノらしい。 私のターマックコンプは6800アルテグラですが、6800シリーズは電動化への対応が施されており、クランクやチェーンリングの剛性感がアップし変速性能が上がったそうです。 特にフロントでインナーからアウターにあげる時は一瞬で変速し、感動したものです。 今回はFDやRDにも手が入って変速性能もあがり、更によりコンパクトになりました。 しかし、今回自分の自転車に付けたいと思ったのは、ブレーキです。 カーボンホイールにしてから、下りでのブレーキングに不安が残り、ブレーキシューをSWISSSTOPのブラックプリンスEVOに替えたり、シューの取り付け位置をトーインに替えたりしましたが、改善には至っていません。 ブラックプリンスEVOは初期制動は穏やかで、握りこんでいくと急に制動が立ち上がる感じで慣れないと非常に怖い思いをします。同じブラックプリンスでもPROは初期制動重視のようですがまだ試していません。温度に強いのはEVOなのでカーボンホイール向けなのですが・・・ R8000のデュアルピボット・ブレーキキャリパーは左右のピボットををつなぐブレーキブースターが新たに採用され剛性アップを果たしています。これにより、よりリニアなブレーキフィールが実現されたという報告もあります。 ワイドリムにも対応しているので、ドラゴンホイールに標準のレイノルズのぶ厚いシューをつけて

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Basic Square
  • White Instagram Icon
  • White Twitter Icon
  • White YouTube Icon
  • Pinterest  - グレーサークル

​お問い合わせ EMAIL:info@luck109.com

                TEL:090-8755-2128

0

MY CART