オープンチューブラータイヤ

管理人が別ドメインで投稿しているロードバイク系ブログの

"乗っCIAO!ロードバイク"で世界最速タイヤの検証を行った時に、最も転がり抵抗が少なかったタイヤがチューブラーでは無くて、オープンチューブラーというタイヤでした。

オープンチューブラーとは、簡単に言うとチューブラーと同じ製法で作られたタイヤで、筒状に縫われているか、両耳にビードが埋め込まれているかの違いだけという事です。つまり、

ラテックス・チューブと組み合わればの乗り心地や性能はチューブラータイヤになりうるという事です。良いことづくめのようなオープンチューブラータイヤですが、クリンチャーと比べて円形に成型されていないので、非常に嵌めづらく、チューブも挿入しにくい点がデメリットとして挙げられます。この点は実際に検証してみたいと思います。

今回取り寄せる予定のタイヤはVELOFLEXのオープンチューブラータイヤのMASTERです。

サイドが飴色になっていて、いかにもプロ仕様的な外観になります。

結果は、ブログで報告予定です。こうご期待。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事